CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ボリビア・ウカマウ集団の「革命の映画」特集は、5月16日までです!  

新宿ではじまったボリビア・ウカマウ集団制作「革命の映画」特集に、遅ればせながら昨日から顔を出し始めました。

映画本等で読んではいましたが、ウカマウ集団の作品を見るのはこれがはじめての新参者。ボリビアに足を踏み入れたこともないし、ボリビア音楽もほとんど知らない初心者なので、ちょっと気おくれしましたが、昨日見た「叛乱者たち」は、新作ということもあり、会場は超満員。
主催者の太田さんは「旧作はあまり人が入っていない」とおっしゃっていましたが、ボリビアという国を断片的にでも知れるいい機会なので、旧作もぜひ見てみたくなりました。

叛乱者たち Insurgentes
ホルヘ・サンヒネス監督、ルカス・アチリコ、レイナルド・ユフラ出演(2012年)


☆スペインからやってきた征服者たちとの戦いから、現代に起こったコチャバンバの水戦争、ガス戦争にも触れ、再現ドラマと史実を絡めて、現代のモラレス政権へと導いていくドキュメンタリー風ドラマ。
ボリビアの歴史上の革命家たちの名前をまったく知らない新参者としては、見ること聞くこと、すべてが新鮮。先住民族の大統領が誕生し、政治家や公務員も先住民族が増えている現状は、長い革命の歴史による進歩と言えることはできるだろうが、今でも白人の支配階級は存在するし、明らかな差別な格差も残っている。先住民族の映画製作集団ウカマウが、先住民族側からだけではなく、旧支配階級側からの乾いた目線も、少しではあるが触れているのが印象に残った。
エンディングに流れる音楽をオペラにしたことが気になってしかたない。
先住民族の音楽を使わず、いかにも貴族的なオペラを流した意図を監督に聞いてみたくなった。

最後にもう一言:
以前、東京国際映画祭で上映されたボリビア映画「Zona Sur」は、没落していくボリビア旧支配階級の戸惑いを描いた作品。
ボリビアの水戦争について描かれた映画「雨さえも TAMBIEN LA LLUVIA (ウォーター・ウォー)」は、スペインの映画製作スタッフの目から見た水戦争。
ボリビアという社会を、違った視点で描いた作品と見比べてみるのも面白いかも。
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/11 Sun. 13:04 [edit]

category: ラテン映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/987-2868d32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top