CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ロドリゴ・サントロ新作「NAO,POR ACASO」  

☆☆ブラジルに来て、初めて映画館でブラジル映画を観賞。
日曜昼間、中心街の映画館だったので、料金は17R$(1200円弱)とかなり高め。
チケット買うのにも言葉がわからずアタフタ。英語字幕のないブラジル映画がはたして理解できるだろうか、と心配もあったのですが…。

☆道路の管制官エニオは、元妻の乗った車が交通事故にあう場面を目撃。その後、両親を一度に失った彼女の娘との交流を深めながら、傷ついた心を癒していく。
一方、ビリヤード・プレイヤーのペドロも、恋人を事故で亡くし、失意の日々を送っていた。

大切な人を交通事故で亡くした二人の男が、それぞれ違った形で、傷ついた心をいやすまでを丁寧に描いた人間ドラマ。
国は違えど、市井の人々の日常の暮らしに変わりはないし、大切な人を亡くしたら傷つくのは万国共通。だから、ポルトガル語は90%理解できなくても、彼らの気持ちは通じたし、ドラマにも感情移入できた。
日本では、ブラジルの普通のドラマをあまり見る機会がないので、すべてが新鮮。サンパウロの町の様子、人々の暮らし、コーヒーの飲み方、料理の仕方などなど、特別ではない何気ないシーンの一つ一つに見入ってしまった。
道路の管制官と、ビリヤード・プレーヤー。どちらも点と点を結びつける仕事という共通点があるので、最後に二人のドラマが交錯するのだろう、と期待して見ていたのだが、残念ながら平行線のままで終わってしまった(おそらく。セリフがわからないので、何かヒントがあったのかもしれませんが)。
でも、両者のドラマにそれぞれ味わいがあったので、ほぼ満足です。

ロドリゴ・サントロは、ヨレヨレのシャツを着た不精ヒゲ姿だったがそれでも、美しかったです。シャツを脱ぐ姿が超セクシーで、ロドリゴのファンへのサービス・カット満載です。

NAO,POR ACASO(偶然じゃない) (ブラジル・2007年)
Philippe Barcinski監督、R・サントロRodrigo Santoro、Leonardo Medeiros出演
スポンサーサイト

Posted on 2007/07/22 Sun. 12:49 [edit]

category: ブラジル映画

thread: 公開予定前の映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/92-f9d7897d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top