CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

セウ・ジョルジ!  

☆☆週末、郊外のショッピングセンターで開かれたpaula limaとseu jorgeのライブへ。
無料だというので、プロモーション用に2,3曲歌うだけかと思いきや。。。

☆場所はサンパウロ市の東の郊外Analia Franco ショッピングセンター。
サンパウロの中央からタクシーでどれぐらいかかるか、試しに乗ってみたら、遠い遠い…。
なかなか着かないので、真っ昼間からタクシーの運転手にどこかへ連れて行かれるのでは、なんて、余計な心配までしてしまう。
ここは悪名高いサンパウロだし…。

が、タクシーの運転手はちゃんと送ってくれ、「タトゥアペからのほうが近いよ~」と、助言までしてくれた。
20R$もかかり、ちょっと高くついてしまう。

日曜のショッピングセンターは午後から開くのでまだ、人が少ない。
若干心配になるが、中央付近までいくと、すでに客が集まっている。
まだ、開始1時間分前だというのに、立ち見客でいっぱいである。
なんとか、ステージが見えるところに移動しようとするが、前に進めない状態。
セウ・ジョルジの人気は本物でした。

立ち見客は、開演を待ちわびて、うずうずしている雰囲気。
言葉はわからないが、興奮は伝わってくる。
そして、12時半、やっとPaula Limaが登場!
ダイナマイト・ボディーを揺らしながら、踊って歌って貫禄十分である。
30分ほどソロで歌ったあと、待ってましたSeu Jorgeが登場!!
ドレッド・ヘアを顔の前にたらしているので、顔はあまり見えない。
細見のボディーに、白いシャツ、濃い紫色のベストという装い。
あたりまえだけど、映画「シティ・オブ・ゴッド」の時とは、まったく違う雰囲気。
あちこちから黄色い声が飛び、カメラのフラッシュの嵐!
会場は一気に興奮状態に。
ここってショッピングセンター??
完全にライブ・ホールと化してました。
その後私自身も興奮してしまい、真夏の野外ロック・フェスにいるかのように、汗かきながら、ライブを満喫。
ブラジル音楽のスタンダードも数曲やってくれたので、かなり楽しめました。
アンコールには、マシュケナーダ!
オパオパオパ~♪の大合唱で締めくくったのでありました。

高いお金を払わなくても、日曜の真っ昼間、ショッピングセンターで大スターの音楽を楽しめるなんて、サンパウロは、かなり太っ腹な町のようです。
客は、おしゃれな黒人の若者から、白人のおばちゃんおじちゃんまで、いろいろな人種が入り混じり、客同士がおしゃべりしたり、カメラを回して撮ってあげたりしてました。

帰りは、暴走バスに揺られながら、タトゥアペ駅へ。
激しく揺れましたが2.3R$だからよしとしましょう。

PS

友人Mにセウ・ジョルジ・ライブを自慢したら、彼女はリオのCDショップでカエナーノ・ベローゾと遭遇し、一緒に写真をとり、カエターノが買ったCDを見せてもらい、同じCDを買った、と逆自慢されてしまいました。
ブラジルは、スター遭遇率が高いかも?!

ブラジルサイトのライブレポートはこちら
スポンサーサイト

Posted on 2007/07/27 Fri. 12:42 [edit]

category: 音楽

thread: 音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/91-50710ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top