FC2ブログ

CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

サンパウロ国際短編映像祭  

23日、サンパウロ市内で「第18回国際短編映像祭」がはじまりました。
ブラジル国内、中南米の国々をはじめ、世界各国の短編映画、約500本が、9会場で10日間にわたって上映されます。
そして、これ、なんと、すべて無料で見ることができるのです!
「短編」ということで、新聞やTVで大きく取り上げられてはいませんが、カンヌやサンダンス映画祭などで上映された作品も見られる、かなりおいしい映画祭です。

昨晩は、先日、グラマード映画祭の短編映画部門で作品賞を受賞したばかりの「ALPHAVILLE 2007 D.C」を見てきました。
カウボーイが現代にトリップして、都会の悪(?)を征伐に回る奇天烈映画で、短編ならではの遊び心がいっぱい。会場も爆笑の嵐で、最後に大きな拍手が起こっていました。
ほかに、日系人の父とブラジル人の母を持つ少年が、日本の金閣寺を訪れて、美少女と小さな冒険に出るショート・ストーリー「春」は、エキゾチック・ジャパーンの世界。日本人から見ると、少々こそばゆい映画ではありましたが、遠い国・日本への憧れの気持ちがあふれたアジアな世界を描いていました。
偶然、主演の少女(今は15歳ぐらい?すっかりきれいなお嬢さん)の家族が前の席に座っていて、娘がスクリーンに映る姿をうれしそうに見ていました。
お父さんが東洋人、お母さんは金髪美人で、二人の娘さんは、それはそれは見事な美貌。将来が楽しみです(って、知り合いでもないのに^^;)。

「パノラマ・ブラジル」部門で上映されるブラジル映画は、英語字幕が出ないのがちょっと残念。セリフの多い映画だと、ついていけないこともありますが、短編なので、ギブアップする前に終わってくれます。

一昨日見たブラジル以外の中南米映画部門「ラティーノス」は、国際映画祭用に編集されているため、英語字幕がしっかりついていました。
メキシコ映画「SENAS PARTICULARES」(Kenya Marquez監督)は、過保護な母が行方知れずになった息子を探しに死体置場へ行くお話。短い中に涙と笑いのある、ちょっと悲しいストーリー。どこかでみたことのある役者も出ていました。
ほか、トドに扮した人間たちが、海岸で縄張り争いをするグロテスク映画「MACHOS MARINOS」(Guillermo Kloetzer監督・ウルグアイ)や、単純なアニメーションを使いながら、しっかり笑わせる「LAPSUS」(Juan Pablo Zaramella監督・アルゼンチン)など、ラテン部門は、かなりバラエティ豊かなラインナップです。

会場に置いてあった映画祭パンフレット、いくらか聞いたら、こちらもタダ(英語の解説も出ています)!
ブラジルの政治家や公務員はかなり評判悪いですが、少なくとも文化関係は、日本より太っ腹!
サンパウロは、お金なんかなくたって、十分、楽しめる町なのです^^。

映画祭の詳細はこちら
スポンサーサイト



Posted on 2007/08/26 Sun. 03:41 [edit]

category: 映画賞・映画祭

thread: 映画情報 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/85-332aab78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top