CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

明治学院大学の映画シンポジウムで、はじめて知ったアルゼンチンの前衛映画集団「Cine de la Base」とRaymundo Gleyzerのこと  

昨日、明治学院大学の映画シンポジウムに参加してきました。
60~70年代の日本の映画(おもに前衛)が、世界各国でどのように受け入れられていたかを検証する、という内容で、世界各国から研究者が集まり、発表。
最後には、当時の日本アングラ映画界の中心にいた(ご本人は、溺れそうなぐらい末端にいた、とおっしゃっていましたが)足立正生監督が登壇し、当時のリアルな話をたっぷりと聞かせてくれました(足立監督の激動の半生については、Wikiでご覧ください)。
先日、不幸にも事故で亡くなられた若松孝二監督の盟友であった足立監督は、71年カンヌ映画祭での若松、大島両監督との思い出を懐かしそうに語り、また「再評価されてきていたことは若松監督自身も感じていただろうし、これから、という予感もあったはず。それだけに残念でならない。世界でも類のない多作な監督であった」と、短くではありましたが、若松監督への思いを語っていました。

大島監督が病に倒れ、若松監督が突然逝ってしまい、残ったのが、一番死の近くにいたはずの足立監督、というのは、なんとも皮肉なもんだな、というのが率直な感想です…。

さてここからはラテンの話題。
学者ではないので、映画論を語る気はないのですが、このシンポジウムで初めて知ったのが、アルゼンチンにおける60~70年代当時の前衛映画集団「Cine de la Base」について。
フェルナンド・ソラナス監督が、そのムーブメントの中心にいたことは想像できたのですが、レイムンド・グレイセル Raymundo Gleyzerという監督の名前を初めて聞いて、興味がわきました。

グレイゼル監督は、カメラと銃を同時に持った人で、(フランス人のニコル・ブルネーズ氏いわく、アルゼンチンの足立正生のような存在)、当時の軍事政権によって拉致され、行方知れずのまま、ということ。
ソラナス監督はフランスに亡命し、今はアルゼンチンに戻ってご健在なのですが(2008年にはサンパウロにも来て下さいました!)、命を奪われた監督がいたことに、ひどく衝撃を受けました。

グーグルで探したら、過去に、山形ドキュメンタリー映画祭で彼のドキュメンタリー映画『Raymundo』が上映されていて、フィルム貸し出しもしているようです! 見てみたーい!!
(映画の詳細はこちら)

『Raymundo』公式サイト
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/11 Sun. 18:22 [edit]

category: ラテン映画

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/703-6485e319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top