CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ラテン発の2つのオムニバス映画をご紹介!クストリッツアも参加しています!  

やっと桜の開花情報が、ちらほら聞こえてくるようになりました。
下を向きがちだった2011年度にさよならして、2012年度はポジティブ&アグレッシブに行きまっせー。
と、いうことで、2012年注目のラテン発オムニバス映画をご紹介します。

1本目は、ラテンを愛する7人の映画人が、それぞれの視点でハバナの日常を追っていくオムニバス『7 dias en La Habana』。
月曜は、『チェ』での迫真の演技が記憶に新しいベニチオ・デル・トロが初監督。
火曜はアルゼンチン映画界をけん引するパブロ・トラペロ(主演は我らがエミール・クストリッツア監督!)などなど、見逃せないビッグネームがずら~り。

月曜:ベニチオ・デル・トロ監督
火曜:パブロ・トラペロ監督(アルゼンチン・『カランチョ』等々)
水曜:フリオ・メデム監督(スペイン)
木曜:エリア・スレイマン監督(パレスチナ)
金曜:ギャスパー・ノエ監督(フランス人だと思ってたけどルーツはアルゼンチン!)
土曜:フアン・カルロス・タビオ監督(キューバの巨匠。「苺とチョコレート」をトマス・グティエレス・アレアと共同で監督)
日曜:ローラン・カンテ監督(フランス・『パリ20区・僕たちのクラス』)

公式サイト

もう1本のオムニバス『Words with Gods』は、イニャリトゥ監督作品で知られるメキシコの名脚本家ギリェルモ・アリアガが中心になって製作した作品。
こちらでは、クストリッツアは本業の監督として参加。
また、『エリート・スクワッド』でベルリン映画祭を制覇したブラジルのジョゼ・パジーリャ監督、
傑作『亀は空を飛ぶ』『ペルシャ猫を誰も知らない』のバフマン・ゴバディ監督、
日本の中田秀夫監督も名を連ねております。
2012年、各国の国際映画祭で注目を浴びることは間違いなし!の要チェック作品です。
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/31 Sat. 15:09 [edit]

category: ラテン映画

thread: 映画情報 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/672-3d82be83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top