CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

SP映画祭、アンコール上映  

11月1日に幕を閉じた31回サンパウロ国際映画祭。
前売り買えずに当日券狙い、という厳しい状況のなか、なんとか17本見ることができました。

一応、映画祭は1日で終了したのですが、2日から何本か再映されています(いわゆるアンコール上映)。
予定通りなのかどうかはわかりませんが、始まりも終わりもアバウトなところは、さすがブラジル^^;

おかげで、カンヌ映画祭のために有名監督が作った短編集「To Each his own cinema」を見に行くことができました。
映画館というテーマで作られているのですが、それぞれ個性があり、なかなか楽しい短編集でした。
北野監督はじめアジアの監督(ホウ・シャオシェン、ツアイ・ミンリャン、ウォン・カーウァイ、チェン・カイコー、チェン・イーモウ)作品は、ほぼすべてノスタルジックな作品。
ワンシーン見ただけで、誰の作品かわかるぐらい「らしい」映画でした。レビューは後日、アップします。
スポンサーサイト

Posted on 2007/11/03 Sat. 09:01 [edit]

category: 映画賞・映画祭

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/66-1786debe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top