CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ラテンビート映画祭、『THE LAST CIRCUS』レビュー  

☆ハビエルは、サーカスの人気者だった父親に憧れ道化師になったが、サーカス団では冴えないピエロ役に甘んじている。ある日、人気道化師のセルヒオが、妻ナタリアを殴る現場に居合わせ、傷を負った彼女を介抱。二人は次第に魅かれ合うようになる。だが、セルヒオの暴力と嫉妬は激しくなり…。
「悲しきトランペットのバラード」という原題と、コンプレックスの強いピエロが主役、という設定から想像し、哀愁漂うドラマだと思っていたら…。
見事に予想が覆されて、あらまーびっくり!
監督がブラックなコメディを得意とするイグレシアということなので、ある程度のひねりは予想していたのだが、想像を超えた衝撃度。
気のいいハビエルが、どんどんエスカレートしていき、狂気のピエロへと変貌する様が恐ろしくて、心臓バクバクのバイオレンス・ムービーだった。
タランティーノが絶賛し、ベネチアでは銀獅子賞受賞、というのも頷けるし、かなり挑戦的な大作であることは、間違いないだが、ラブスト―リーを期待した女性には、かなりキツイ2時間になったはず。
でも、見終わったあとで、冷静に思い出し、想像力を働かせると、ハビエルの父親に対する感情に憧れ意外な複雑なものが見てとれたり、監督のフランコ政権時代に対する批判精神も感じたり…。
スペインの暴力の歴史を、イグレシア独特の世界観で描いた、実は意外に深いテーマが隠されている作品だと思う。
正直、もう1回見るのは勇気がいるのだが、すごい作品であることは間違いなし!

THE LAST CIRCUS /BALADA TRISTE DE TROMPETA
アレックス・デ・ラ・イグレシア監督、カルロス・アレセス、アントニオ・デ・ラ・トーレ、カロリーナ・バング出演
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/30 Fri. 16:28 [edit]

category: 映画賞・映画祭

thread: 映画祭 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/648-3e2bfbb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top