CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ブラジルの奇才、グラウベル・ローシャ監督特集が始まりました!  

ブラジルの奇才グラウベル・ローシャ監督特集がユーロスペースで始まりました。
グラウベル・ローシャは、ブラジル映画界では伝説化しているようですが、その批判精神や個性的な作風は、とても大衆受けするような次元にはありません。
私が初めて遭遇したローシャ作品は、日本でも上映されている「アントニオ・ダス・モルテス」。サンパウロの映画館で人知れず開催された特別上映で見たのですが、観客は10人に満たなかったのを覚えています。
(レビューはこちら

何の予習もせず、ただ“伝説”の監督らしい、という情報だけで見に行ったため、見終わったあとの「何が何だか…???」、といった戸惑いだけが、印象に残っています。
その後、ローシャ映画好きの日本人に率直な感想を述べ「日本語字幕があれば、少しは違ったのかなあ」と話すと「字幕あっても大差ないと思うよ~」と、言われてしまったのでありました…。
というわけで、ローシャ監督作品の、哲学的で、宗教的で、感覚的で、枠にとらわれない奔放さを、サンパウロですでに体験済みなので、先週末見に行ったローシャ監督最後の作品「大地の時代 A IDADE DA TERRA」も、当然、一筋縄ではいかないことはわかっていたのですが…。


☆バイーアの美しい海岸、リオのカーニバル、ブラジリアの近未来的建築物etc...。そんなブラジルの風景を背景に、あるものは政治を、あるものは原爆を、あるものは欲望を語り、叫び、闘っていく。
それは、現代文明に対する怒りや嘆きにもとれるし、ただ、わめいているだけのようにも見える。ストーリー性を排除した、アングラ演劇のような台詞回しと、ブラジルの自然や現代建造物をコラボさせた摩訶不思議な映画である。

演者の叫びが延々と続くので、飽きてきても息抜きすらできない。
途中で「耳をふさいで映像だけ見てみようかなあ」なんて思ったり…。
でも、それではこの映画を見にきた意味がないので、我慢我慢…。
昨今のブラジル映画を追いかけて、日本の皆様にお伝えしていく、という勝手な使命感も若干あるので、この奇天烈な世界を理解しなきゃ、とは思うのだが、“理解しよう”とすること事態が陳腐なことのように思えてくる。
あまりにも肩がこるので、途中、溜息をつきながら「私は凡人だから理解するのは無理無理」と非力を認めたら、少しだけ楽になった。

古臭いレスラーみたいな風貌のマウリシオ・ド・バッレがあまりにも強烈で、出てくるたびに笑ってしまったのが、なんだか声を出して笑ってはいけない雰囲気…。
でも、バッレが素の顔で、「こんな映画でいいの?」と監督に語りかけるシーンでは、クスクスと笑い声も漏れてきて、ほっとした。
何を言いたいのか、頭で考えてばかりいると疲れるので、時々、頭空っぽにして、無の状態でみると、新しい発見があるかもしれません。

余談ですが、同じ台詞をはっきり何度もくどいほど言うので、ポルトガル語のリスニングの勉強にもなりますよ。
この映画は、ローシャ監督の最後の作品で、1980年制作となっているが、その世界観は80年代にあらず。パゾリーニや、ゴダールや初期のヘルツォーク作品に近い感じ。

震災後、便利で豊かな暮らしは永遠ではない、と、みんなが実感している今だからこそ、この映画を見て“何か”を感じる人も多いだろう。
観客を戸惑わせるスーパー・ハードな映画なので、1日1本の鑑賞をオススメします。

ローシャ特集は渋谷ユーロスペースでは、7月15日まで。
7月16日からは、横浜ジャック&ベティで開催されます。
公式サイトはこちら

大地の時代 A IDADE DA TERRA (80年)
グラウベル・ローシャ監督、マウリシオ・ド・バッレ出演
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/25 Sat. 09:28 [edit]

category: ブラジル映画

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

tb: 0   cm: 2

コメント

とにかく5本制覇!

bossaさま
いよいよ始まりましたね、ローシャ特集。
今までずっと向き合う気力に欠け、見送ってきましたが、「今度こそ!」と意地になって5本制覇しました。
「1日1本。できれば1週間空けて」というbossaさんのアドバイスにも関わらず、先週は1日2本、今週は火曜日に3本!観ました(と言っても、睡眠不足がたたり、所々ウトウトしてました)。
一番ハードだったのが「大地の時代」。フィデルの演説を毎日聞いたらこんな感じかなぁと思いながら耐えました。
「狂乱の大地」も疲れたけど、ブルジョアの住まいは「低開発の記憶」の主人公のと似ていて、なんとなく共通点(無力感)を感じました。
3本続けて観た日の3本目は「バラベント」で、助かった!
他の4作とかなり違って、かなり穏やか。
(これなら他の作品と組み合わせ可能)
自然の音が音楽そのものみたいだったし、ドキュメンタリー映画を見ているようでした。

決して好きなタイプの映画ではないけれど、「ラテンアメリカならではの新しい映画を作ろう」という気概は理解できた気がします。

URL | Marysol #-
2011/06/30 19:29 | edit

お疲れさまでした

コメントありがとうございます。

超ハードな日程、お疲れさまです^^。
「バハベント」は、ほんと、砂漠の中のオアシスでしたよね~。
カストロの演説ぶっとおし、も、映画館で見てみたいです。
修業、いや苦行になりそう…。
カストロ、といえば、随分前にみたBSのドキュメンタリー(たしかBBC制作)でのカストロの存在感に圧倒されたのを思い出しました。
まさにカリズマ…。
凡人は、あの言葉の強さや激しさに、、洗脳されてしまうのでしょうね。

URL | bossa #-
2011/07/02 11:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/628-fa68ab2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top