CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

日々思いついたあれやこれ、&原発関連の映画  

桜の咲く季節だというのに、今年は寒い日が続いています。
東北の被災地の方の健康状態が気になります…。
映画のように、ヘリコプターやセスナで、食料や医療品を空から配るヒーローが現れてくれないでしょうか…。

計画停電、我が家はほぼ毎日が停電DAY。
タイマー類の再設定が日課になっております。
東京電力使用地域の住民が、みんなで家中の電球をLEDに代えれば、かなりの節約につながるのでは?!

スーパーで納豆とヨーグルトを買いだめしようとした客が、レジで「一人1個までです~」と言われ、品物を返品していました。
このおばさんの家は、トイレットペーパーとティッシュとカップラーメン、缶詰等々であふれているんだろうなあ~と想像したら、思わず笑ってしまいました。
ヨーグルトや納豆が食べられないなら、ほかの食品で代用すればいいのでは?
飢餓状態じゃあるまいし。


放射能汚染に関するQAは以下のサイトをご参考に。

リスク情報なび(原子力研究開発機構)
放射能や地震ほか、リスクについて詳しく出ています。

放射線影響研究所 
事故に関する質問のQA

電事連
損害賠償に関するQAも出ています。

放射能汚染や原発を取り上げた映画で印象に残っているのは、ジェーン・フォンダ主演の「チャイナ・シンドローム」。これはスリーマイル島の事故を暗示するような社会派作品です。
日本映画では、森崎東監督、倍賞美津子、原田芳雄主演の「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」。原発の末端で働く労働者を演じた原田芳雄の演技が光るオススメ作品です。


スポンサーサイト

Posted on 2011/03/27 Sun. 13:37 [edit]

category: 未分類

thread: 映画ニュース - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/615-d149ec19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top