CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

SPのテアトロ、初観劇レポ  

先日、SPのリベルタージ駅から歩いて10分ほどの場所にある小さなテアトロ「Espaco dos Fofos」で上演されている舞台「Assombracoes do Recife Velho」を見に行ってきました。
知り合いのお兄さんが出演している、ということで、付き合い気分で見に行ったのですが、これが予想外に面白くてびっくり!
台詞は毎度のことながら、まーーったくわからないのですが、お客を巻き込んだ凝った演出、コミカルな動きに、終始笑いっぱなし。
狭い小屋なので、50人ぐらいの客しか入らないのですが、ほぼ満席。
客が両脇に座り、真ん中の狭い通路を舞台に、役者が右へ左へ、脇から脇へと飛び回る、という舞台構成がオッチモ!
ブラジルのベニスといわれるレシフェに伝わる幽霊話がベースなので、お化け屋敷のような作りになっていて、暗い部屋で間抜けな幽霊たちが、ランタンを持って走り回ってました。
実際に火を使っているので、客も触って燃やされないよう注意しなければならず、ぼんやりしてる暇もありません。
日本だったら、確実に消防法にひっかかるよなー。でもここはブラジルですからね~。

あっという間の2時間。こちらに来て初めて、アングラ演劇を見ましたが、かなり面白かったです。言葉がわからないと舞台は無理かなあ、と、諦めてましたが、動きのあるコメディやミュージカルなら、十分、楽しめそう。
映画、音楽、そしてテアトロ、と、サンパウロの文化施設はほんとに充実していて、しかもお安い(庶民にはこれがとても大事)!
リオやイグアス観光もいいけれど、サンパウロでカルチャー三昧の旅、かなりお勧めです。

PS
映画やドラマに主演している人気女優、Paloma Duarte(「フランシスコの二人の息子」でゼゼの妻を演じた女優)や、TVドラマ「Luz do Sol」でPalomaの相手役を演じていた俳優Petronio Gonti&親友役の女優も見に来ていて、ほかにも、どこかの映画で見たことあるような俳優らしきイケメンが目の前に座っていました。
みんなジーンズにTシャツというラフな格好でしたが、さすが役者で、華がありました。
サッカー観戦とはまた違った大人の雰囲気に、別の意味で興奮し、終始、顔が緩みっぱなし。
ムイート・フェリシタージな夜でした。
スポンサーサイト

Posted on 2007/11/29 Thu. 03:01 [edit]

category: ブラジル・南米の話題

thread: 演劇 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/59-1d5aca5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top