CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ラテンビート映画祭「わが父の大罪」レビュー  

☆敵対する政治家の殺害や飛行機の撃墜等、コロンビアで極悪非道の麻薬王として君臨し、1993年に殺害されたパブロ・エスコバル。父の死の直後に祖国を去り、アルゼンチンで身元を隠しながら暮らしていたセバスティアンは、30歳を過ぎて密かにコロンビアに帰国。父に殺された政治家の遺族と対面する。

コロンビアは、日本人にとって馴染みの薄い国である。聞いたことがあるのは、ハリウッドのアクション映画の中だけ。テロリストと麻薬の密売人しかいない国、飛行機降りた途端に誘拐される、などなど、多くの人が、コロンビアという国にはマイナスのイメージしか持っていないだろう。
南米で暮らしたことのある自分でさえ、コロンビアに行きたいとは思わなかった(行くことを許されていなかった)。有名なリゾート地もあるとは聞いていたが、学校の運動会を機関銃持った軍人が警備している写真を見せられ、想像以上に危険な国、というイメージが刷り込まれてしまった。そんな危ない国で恐れられた男というのはいったいどれだけ悪い奴なのか…。

映画に映し出されたパブロは、社会的には悪人そのもの。怖いものは何もない傲慢極まりない男である。すべてを手に入れ、刑務所ですら自分のためのお城に改造するような絶対的権力を持っていた。自分に逆らったものは皆殺し、人の命なんて軽いもの、と考えていたのだ。
一方で、家族には愛を注ぎ、やさしい父であり夫だった。また、家のない人々に町を作ってあげるなど、慈善事業も行い、一部の人からはヒーロー扱いされていた。
そんな二面性のある父を持ってしまった息子セバスティアンの心情は、想像できないほど複雑なものだったろう。父が殺害された直後、アルゼンチンに脱出した16歳のセバスティアンは、当初「父の仇をとってやる」と映画の中で述べている。
だが、30歳を過ぎたセバスティアンは、復讐がさらなる悲劇を生むことを悟り、父の殺した政治家の息子たちと対面して謝罪する道を選んだ。映画では、そんなセバスティアンの複雑な心境、そして犠牲者の遺族である若者たちの苦悩が、包み隠さず語られている。
彼らの発言にヤラセはなく真実であることは、画面を通じて伝わってきたし、セバスティアンと遺族との対面シーンは、息をのむほど緊張した。お互いに堅く握手しあう姿には思わず涙…。
これぞドキュメンタリーの真骨頂、と呼べるほど、マフィア一族のリアルな物語が語られていた。

名作「ゴッドファーザー」3部作は大好きな映画ではあるが、パブロ・エスコバルの人生はまさにビトー・コルレオーネそのもの。貧しさから成り上がり、悪事でのし上がった半面、貧しい人々への施しも忘れない男だった。
息子セバスティアンがもしマイケル・コルレオーネと同じ道を歩んでいたら…、などと考えたら鳥肌がたった。
日本公開は無理でも、DVD化される価値あり!の傑作だ。

わが父の大罪 -麻薬王パブロ・エスコバル- PECADOS DE MI PADRE
ニコラス・エンテル監督
スポンサーサイト

Posted on 2010/09/30 Thu. 19:18 [edit]

category: 映画レビュー

thread: 映画紹介 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/576-87cc5e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top