CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

映画「俺の名はジョニーじゃない」  

Johnny☆☆現在、ブラジルで公開中の映画「MEU NOME NA~O E JOHNNY 俺の名はジョニーじゃない」は、実在の麻薬売人の半生をつづったベストセラー小説(ギリェルメ・フィウーザ著)の映画化だ。
日本を発つ前、慌てて翻訳本を入手。予習もしっかりした後、映画版を鑑賞。今回はセリフわからなくてもなんとかなりそう^^。

☆リオデジャネイロの高級住宅街で、何不自由なく育ってきた青年ジョアンは、上流階級の仲間たちと一緒にドラッグ・パーティーに興じるうち、次第にコカインの売人として名をあげるようになる。彼の商売相手は、リオのファベーラではなく、税関が押収したドラッグの横流し品や、高級街の有閑マダム。ヨーロッパからの密売ルートも確保したジョアンは、大量のコカインを大胆な手口で売りさばいていく。
まもなく、警察に逮捕されたジョアンは、それまでの華やかな生活とは一転した監獄での孤独な日々を送ることになる。

連想ゲームでブラジルのリオ、ドラッグとヒントが出たら、多くの人は貧民街(ファベーラ)と答えるだろう。とくに映画「シティ・オブ・ゴッド」に衝撃を受けた人は、リオは海、サンバ、そして貧民街、というイメージが強いと思う。私自身、こちらに来るまではそうだった。
ブラジルに来て半年が過ぎ、さすがに犯罪やファベーラの国だけではないこともわかってきたが、リオにはまだ足を踏み入れていないので、どんな町だか体感していない。
ただ、貧民とは無縁のリッチな層も大勢いて、彼らは華やかに着飾り、おしゃれなカフェで談笑し、週末の夜は仲間たちとパテーィーに興じている、という想像はできる。

この映画では、そんな上流層の乱チキ騒ぎと、ドラッグ取引の様子がリアルに描かれている。
ドラッグを売り買いする連中は、見るからに悪そうな黒人ではなく、どこにでもいそうな小奇麗な一般人。
人の良さそうな高級アパートの住人の主婦、生真面目な税関職員などなど、一見、ドラッグとは無縁そうな人が、大胆にドラッグ取引をしているのが面白い。
そして、ドラッグの仕分けは、ファベーラではなく、高級アパートの一室である。
同じ町、同じ時代を描いた「シティ・オブ・ゴッド」では、銃を持った褐色の肌の少年たちが、朽ちた廃屋でドラッグの仕分けをしているシーンが出てきたが、こちらでは、何から何まで違っている。(前日の夜、テレビで「シティ・オブ・ゴッド」を見たばかりだったので、違いをリアルタイムで比較できて面白かった。)
ただし、扱っているのはどちらも同じ種類の“白い粉”。そしてどちらも実話というのが興味深い。

正直、映画のクオリティでは「シティ・オブ・ゴッド」に及ばないが、一人の男の栄光と転落の人生の描き方は、余計な説明もなく、いたってシンプル。ドラッグ取引、ドラッグパーティー、そして逮捕されてからの失意の日々をテンポよく描いていて、とても見やすい映画だった。
(ただし私の場合、ポ語がわからないので、原作読んでいなかったらよくわからなかったかもしれませんが)
主役のSelton Melloは、TVドラマの人気俳優だそうだが、いかにもドラッグ中毒っぽい不健康そうなだらしなさがリアル。おそらく体重増やしたと思うが、体当たり演技は好感が持てた。
ただし、あちこちに貼ってある軽いコメディ映画のようなポスターはNG。内容はまったく違い、かなりシニカルかつハードです。

日本での公開を望みますが…。話題性、芸術性ともに微妙な作品なので、どうでしょう??

MEU NOME NA~O E JOHNNY (2008年・ブラジル)
MAURO LIMA監督,Selton Mello出演
スポンサーサイト

Posted on 2008/01/27 Sun. 03:20 [edit]

category: ブラジル映画

thread: 公開予定前の映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/48-0d6bd8fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top