CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

「黒人を意識する日」恒例のフェス  

11月20日はコンシエンシア・ネグロの日(黒人を意識する日)でサンパウロは祝日。
この日は、毎年、各地でアフロ系ブラジル人のイベントが開かれる。
セントロにあるセ広場では、黒人アーチストによる恒例のショウが開かれた。
昼12時から始まっていたが、長丁場で立ちっぱなしはきついので、私は4時過ぎに会場へ。
すでに、セ広場は人で埋め尽くされている。
9月に行った野外フェスとは、同じ国とは思えないほど、客層も雰囲気もまったく違う。
あの時は、郊外のきれいな競馬場で、140レアルという高額な入場料だったため、小奇麗な白人の若者がほとんどだったが、今日は、ホームレスの憩いの場、セ広場での無料ライブである。
客の多くがアフロ系で、極太のチェーン・ネックレスをつけた強面のアンちゃんも大勢集まっている。「シャツの下から拳銃出てきそう」と、ちょっと緊張する。

誰が見ても日本人の私は‘場違い’ではあるのだが、ここは人種のるつぼ大都市サンパウロ。
みんな人の肌の色なんて気にしないし、ジロジロ見たりせず、放っておいてくれるので、居心地は悪くない。
ちょっとオシャレして友達と一緒に遊びに来たギャル集団、コリンチャスの話に夢中なアンちゃんなどなど、みんな好き勝手にこの空間を楽しんでいる。negra1


5時過ぎ、予定では4時に始まる予定だったファビアナ・コーザが、やっと登場。
後ろにいたアンちゃんたちは「ファビアナ?誰?知らないな」なんてことを話していたようだが、歌が始まったら、たちまち会場はファビアナ・ワールドに。
いつものショウと違い、今日はみんなが歌えるサンバの定番ソングが中心だ。
アフロ系の人たちは、さすがにノリがいいので、ダンスダンス。そして、大合唱。
青空の下でのフェスはやっぱり気持ちいいわー!negra4


お次はファンク・バンドのBanda Black Rio。
ブラジルというよりUSAの音楽ではあるが、ルーツは同じアフロということで、会場は最高に盛り上がる。
空き缶拾いをするおばちゃんも、ダンスダンス。
セ広場で暮らすおっちゃんも、相棒の犬を抱きかかえて、ダンスダンス。
この街のホームレスは、陽気かつ積極的なので、つい笑ってしまう。
たのしー!! これぞフェス!

一方で、テンション上がりすぎて喧嘩を売りはじめる強面のあんちゃんや、泥酔して倒れこむ人もチラホラ出てくる。
ビールだけじゃなく、怪しげな安酒も売ってるし、中にはドラッグやってる人もいるのだろう。
あきらかに普通じゃない、ラりってる子供もいる。

夜8時過ぎ、Banda Black Rioのエンディングは大興奮の中で終了。
このノリで、とりのセウ・ジョルジ&パウラ・リマまで見て行こー!と、私もちょっと興奮。
ところが、その直後、泥酔したオヤジが、すぐ前で倒れこみ、そこへほかの酔っ払いも倒れ、3,4人が将棋倒し状態に。
怖っ、と思った瞬間、倒れたオヤジが、地面に転がっていたビール瓶を割る音が。
さらに、女の子の悲鳴が聞こえたので、慌ててその場を立ち去る。

すぐに回りの観客が泥酔オヤジを止めに入り、大事には至らなかったが、一歩間違えば、流血沙汰である。
広場の周りは警察が取り囲んでいるし、TVカメラもいるので、無茶はしないだろうと思ったが、やはり危険度はかなり高い。
みんな酒を浴びるように飲んでるし、酔っ払ったら怖いものなくなるし…。
日本でも、野球の応援などで酔っ払いの喧嘩は見かけたが、迫力がまったく違う。
国民性の違いをまたまた痛感する。

と、いうことで、途端にビビりになった私のフェスはここでおしまい。
楽しかったけど、怖かったー。
セウとパウラは去年も見たし、またの機会にお会いしましょう!
スポンサーサイト

Posted on 2008/11/23 Sun. 07:51 [edit]

category: 音楽

thread: ライヴレポ・感想 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

コメント

黒人を意識する日

そんな記念日があるんですね。知りませんでした。
日本の文化も十分知らないなぁって最近感じているんですが、
ブラジルのような多種人種の国民性って、ぜんぜん考えていませんでした。

で、そんなフェス、一度味わってみたいです。
そこでもファビアナさん出演されたんですか?赤いドレスの方だすか?
早く聞きたいです!!

私もセネガルに行った時、地元の村のライブに連れて行ってもらったことがあるんですが、その時の迫力は、日本では味わえない迫力と感動でした。どうしてかな?アフリカ系のリズム感のよさ!!滞在して身に着けてみたいです。

URL | ゆっぴー #6/34PU6.
2008/11/23 10:41 | edit

赤いドレス

そうです。
赤いドレスがファビアナです。小さい写真ですみません。
下記のページですと、もすこし大きなファビアナをご覧いただけます。

http://bossacine.web.fc2.com/img/tra/brasil/show.html

セネガル、行かれたことがあるなんてうらやましいです。
こちらにきて、あらためて、自分はアフロのノリが好きなんだと、再確認。
JAZZもファンクもブルースも、ルーツはアフロですし。
私も、ぜひアフリカを訪れてみたいと思っています。

URL | bossa #vQU5PwVA
2008/11/23 23:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/431-ce19e0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top