CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ベン・ハーパー in Festival About Us  

9月28日、サンパウロ市の町外れにある競馬場[Chacara do Jockey]で行われた野外ロック・フェス「Festival About Us」に参加してきた。
日本では、夏の野外フェスは常連だったが、ここブラジルでは初参加。
あいにくずっと寒い日が続いており、当日も朝から曇り空。時折雨もぱらついている。
今回のお目当てである Ben Harper の登場は夜、ということで、防寒着と雨合羽、そしてホッカイロもバッグに詰めた。用意周到さすがは日本人!と自我自賛。

ブラジル人の若い友人にくっついて、2時半頃コンソラソンからローカルバスに乗り、3時過ぎに現地到着。
フェスは12時からだったがここはブラジル。最初から来ている人はごくわずかだ。
会場は緑に囲まれ、のどかでいい雰囲気。ちょっとしたピクニック気分を味わえる。
今日のフェスは、環境保護を訴えるイベントでもあるので、緑豊かなジョッキーは最適だ。

メイン会場では、すでにSeu Jorgeのショーが始まっていた。
私達はスペースに余裕のある後ろのほうで、ダンスしながらSeu JorgeのSHOWを楽しむ。彼の渋い声と独特のリズム感が心地よい。
隣にいた若いグループは輪になって歌いながらダンス、ダンス。
手にはもちろん“ビール”である。
この自由でゆるーい雰囲気は、フェスならでは。
入場料が高い(一般140レアル=8400円)ということもあり、客層は小奇麗な白人の若者が多い。
セウ・ジョルジはたーっぷり歌ってくれ大満足。厚い雲の間からは、青空も見え始めた。最高に、“キモちEー!”(by 忌野清志郎殿。フェス復活祈ってます!!)

続いての登場は、MPB界の歌姫Vanessa da Matav1

ステキなドレスをまとい、軽やかに歌う姿は、今日のフェスの雰囲気にぴったりだ。
彼女の歌は、みんなが知っているようで、一緒に口ずさんでいる。
ブラジル人の観客って、ほんとによく歌詞を覚えてるなあ、と、いつも感心させられる。
歌詞カードみながら、練習するタイプにはどうみても思えないし…。
みんな、歌とリズムを自然と体に取り込める体質なのかもしれません。
vanessa2.jpg
空が夕焼けに染まった頃、ヴァネッサのSHOWが終了。
ちょっと座って休憩していると…。
見る見るうちに、人がアメーバーのように増殖し始めている。
やばっ!こんな後ろにいたら、お目当てのベン様が見えない!
と、危機感を持ったときには、すでに遅し…。
あっという間に人に囲まれ、身動きがとれない。
せっかく持ってきた防寒着も不要なぐらい、ギュウギュウのスシ詰め状態だ。
背の高い若者たちの合間から、ステージを覗き見、なんとか憧れのBen Harperの生のお姿を拝む。
幸い大きなスクリーンがあったので、顔の表情や、ギターを弾く指裁きもスクリーンでしっかりと確認。
ほれぼれするわ~。
ベン・ハーパーは、デビュー当時からファンなので、たとえ豆粒にしか見えなくても、生ライブに来れただけで大満足である。
b2

ラフなシャツ姿のベンは、新譜からの曲はもちろん、古いアルバムの曲まで披露。
ジミヘンばりのギターテクも見せてくれ、彼のサウンドにしばし酔いしれ…。

ところが、せっかくベンが歌っているのに、満員電車の中のような会場は、ビールを持った若者が人の迷惑顧みずに出入りするので、集中できない。
後から来たんだから、後ろで我慢しろよ!
ビールばかり飲んでんじゃなーいっ!
まったく、みんな自分勝手なんだから!
などなど、ちょっとイライラさせられる。
でも、まあ、今日はフェスですし、みんなお酒も入ってるし、若いですし、仕方ないか。
「郷に入れば…」です。
SHOWの最後には、ヴァネッサが再び登場し、ブラジルで大ヒットした競作「Boa Sorte」を披露。
観客のみんなもフル・コーラスで歌えるのがウラヤマシイ。
ベン・ハーパーの来ブラジルは3回目らしいが、知名度&人気は、おそらく日本よりもはるかに上だろう。

大盛り上がりのベンのライブはあっという間に終了。
トリは、Dave Matthews だったが、お目当てのベンが見れたので、私の初フェスはここでお終い。

こんなに大勢集まるなら専用バス出せば儲かるのに、などと余計な世話を焼きながら、ローカルバスに揺られて帰途に着く。

ブラジルの野外フェスは、観客の自由度がケタはずれで、スタッフまでもがほろ酔い気分。
用意周到で規則を守る日本人と、楽しめればOKのブラジル人の違いを肌で感じた1日でした。

フェスの公式ページはこちら
スポンサーサイト

Posted on 2008/09/30 Tue. 10:00 [edit]

category: 音楽

thread: ライヴレポ・感想 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/415-6c1eff60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top