CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

大ヒット中のブラジル映画「ストリート・オーケストラ TUDO QUE APRENDEMOS JUNTOS」レビュー  

ストリート・オーケストラ TUDO QUE APRENDEMOS JUNTOS
セルジオ・マシャード監督、ラザロ・ハーモス、サンドラ・コルベローニ、カイケ・ジェズース、エウジオ・ヴィエイラ出演


☆神童と呼ばれたヴァイオリニスト、ラエルチはスランプに陥り交響楽団のオーディションに落ちてしまう。生活のために渋々スラム街の学校で音楽教師を始めるが、そこで彼が目にしたのは楽譜が読めず学校に通うのもままならない子どもたちの姿だった。サンパウロの巨大ファベーラ、エリオポリスで生まれた交響楽団の物語からインスパイアされた音楽映画。

ファベーラの子供たちの悲惨な現実だけでなく、渋々教師になったラエルチの葛藤も並行して描いている。「立派な教師が子供たちを変える」というような説教臭い文部省推薦作品ではなかったのが好感度大。
悪者は麻薬のディーラーや、カード詐欺をしている若者だけでなく、やたらめったら銃を撃つ警察も社会悪として描いているのがブラジルらしい。
「音楽ですべてを変えることはできないけれど、音楽が何かのきっかけになればいい」。そんな志をこの作品から感じることができました。
クラシック音楽だけでなく、ファベーラの子供たちに馴染のあるラップも随所に出てきて、しかもブラジルの有名ラッパー二人、Rappin' HoodとCrioloがゲスト出演しているのもOTIMO!

ブラジルの伝説的ラッパーであるSabotadeの名曲を、エリオポリス交響楽団がオーケストラアレンジを加えたエンディングテーマ:
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/20 Sat. 13:36 [edit]

category: ブラジル映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/1653-96011849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top