CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

カンヌ国際映画祭2016でドラン監督新作がグランプリ受賞!そのほか注目のラテン映画では、ブラジルやベネズエラの短編が受賞しています!  


閉幕したばかりの2016年カンヌ国際映画祭。
個人的にもっともうれしいのは、グザヴィエ・ドラン監督の新作「It's only the end of the world」のグランプリ受賞です。
ドラン監督が、ナタリー・バイ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセルら、年上のスター俳優たちをどう料理したのか。はやく見てみたい~。



ラテンアメリカからは、大きな受賞はなかったようですが、昨年新設されたクラシック部門の大賞を受賞したのはブラジルのドキュメンタリー「Cinema novo」(Eryk ROCHA監督)。ドラマも挟んだドキュメンタリーのようです。監督はブラジル・シネ・ノーヴォの旗手グラウベル・ホーシャの息子さんエリキ・ホーシャ。今年のラテンビービート映画祭で見られたらいいな!

コンペ部門に出品された、ブラジル映画『AQUARIUS』は受賞は逃しましたが、ブラジルの大御所女優ソニア・ブラガの演技が素晴らしかった、という情報もあり。

短編部門のパルムドールはスペイン映画「Time Code」。
特別賞にはブラジル映画「A Moça que Dançou com o Diabo」(Joao Paulo MIRANDA MARIA監督)。和訳すると「悪魔とダンスをした少女」が受賞しました。
ベネズエラの短編「LA CULPA, PROBABLEMENTE」(Michael LABARCA監督)もcinefudacion部門で3席受賞。

特別スクリーニングには、久々にメル様主演の「Blood Father」が登場。共演はディエゴ・ルナ!
ディエゴは今年のある視点部門の審査員も努めていました。10代でアイドル俳優としてブレイクしたディエゴですが、映画監督やプロデューサーとしても活躍していて、うれしい限り。

そのほかの受賞はこちら
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/25 Wed. 11:18 [edit]

category: 映画賞・映画祭

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/1576-170f14bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top