CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

パラダイス・ナウ  

☆☆昨年のGグローブ賞の授賞式を見て以来、日本公開を待ち望んでいた。
アメリカでは上映に対して抗議デモも起こったという。
てっきり主義主張のはっきりしたガチガチの社会派映画なのかと思ったら…
とんでもないです。心に響く人間ドラマです。女性の方、必見です。

☆舞台はイスラエル占領地のヨルダン川西岸地区。青年サイードとハーレドは、修理工場で働きながら、明日の希望を持てない日々を送っている。サイードは、英雄として崇拝される男の娘スーハに好意を持っていたが、思いを告げられずにいる。
そんなある日、サイードとハーレドは、組織からテルアビブでの自爆攻撃の実行者に任命される。名誉だと浮かれるハーレドに対し、サイードの表情は暗い。
自爆攻撃決行の日、爆弾を腹に巻いた二人は、西地区を囲うフェンスを抜け、イスラエル側で支援者を待つのだが…。

 サイードとハーレドの二人は一見普通の若者だ。音楽に合わせて踊ったり、水タバコをふかしたり、女の話をしたり…。さほど深刻さは感じられず、のんびりと構えている。
二人の憩いの場は、西地区が見渡せる丘の上。綺麗とは言い難い街並みではあるが、そこには人々の生活があり、市場には人があふれている。ここは本当に占領下なの? と疑いたくなるほどのどかな風景だ。

ところが映画が進むにつれ、この場所には自由がないことが見えてくる。
いたるところで道が封鎖され、高いフェンスに囲まれ、外の世界から隔離され…。人々は普通に暮らしているように見えて、実は大きな刑務所の中で暮らしているのだ。
さらに、人々の死に対する感じ方も尋常でないことが分かってくる。
店では自爆攻撃へ向かう青年のビデオメッセージが流れ、店員は「密告者のビデオのほうが人気があるよ」と、あっけらかんと言ってのける(この台詞には思わず笑ってしまった)。
おそらく、長い間閉ざされた場所に閉じ込められているパレスチナの人々は、平和&自由ボケ日本人からは想像できないほどの閉塞感にさいなまれ、自爆攻撃でしか自分の存在を確かめられない状況にあるのだろう。

自爆攻撃で英雄になることを軽く考えるハーレド、密告者として処刑された父を持つことに罪悪感を持っているサイード。それぞれ自爆攻撃をする動機は違っても、出口の見えない社会から抜け出したいという思いは同じだ。
そしてもう一人、サイードと惹かれあう女性スーハは、フランス育ちの洗練された美人で、パレスチナ人女性のイメージとはかけ離れている。彼女は英雄として死んだ父親を持つからこそ、自爆攻撃に何の未来もないことを知っている。
スーハは「攻撃すれば攻撃される理由を与えてしまう」と、自爆攻撃に向かう二人にはっきりNOと言うが、男たちは聞き入れない。
この台詞、欧米や日本のいわゆる傍観者が吐いたら、ただの「きれいごと」に聞こえるだろう。だが、英雄の親を自爆攻撃で失った女性に言わせることで、強いメッセージとなって観る側に訴えてくる。

決行日、ハーレドとはぐれたサイードが、爆弾を腹に巻いたまま、町を彷徨する姿は痛々しく、彼の苦悩が画面からヒシヒシと伝わってきた。
自爆攻撃する側される側、どちらにも大事な人があり、感情があり、苦しみがある。
イスラエル側から描いた「ミュンヘン」と、パレスチナ側の「パラダイス・ナウ」は、立場は逆ではあるが、人として感じる苦しみは同じ。日本の神風特攻隊もしかり。
この映画を冷静に見られない人たちが大勢いることに、世界が抱える問題の深刻さを感じた。

パラダイス・ナウ PARADISE NOW
ハニ・アブ・アサド監督、カイス・ネシフ、アリ・スリマン出演☆
スポンサーサイト

Posted on 2007/03/30 Fri. 21:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bossacine.blog59.fc2.com/tb.php/121-939ba1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top