CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ブラジル映画フェスでアマゾン・アクセサリー  

昨日お伝えしました第2回「横浜ラテンフィルムフェスタ-みらい世紀ブラジル」で、ブラジルのボランティア団体エマウスのアマゾン・アクセサリーを販売することになりました!
日本では手に入りにくいアマゾンの木の実や種を使った手作りアクセサリーです。下記の写真は、エマウスに通う子供たちのお母さんたちの手作り1点物です。
そのほか、エマウスの子供たちの手作りアクセサリーや、日本のボランティアが作ったブレスレット等、多数取り揃えています。
映画の合間にショッピングもお楽しみ下さい。
IMG_2319.jpg
小粒のものは健康ドリンクとして注目されているアサイーの種。大きな石のような飾りはジャリーナと呼ばれる南米原産のヤシの実の種。

IMG_2318.jpg
カラフルな色に塗られたアサイーの種とフェルトの花。ユニークなセンスはブラジル人ならでは!

エマウスのサイトはこちら
スポンサーサイト

Posted on 2010/06/24 Thu. 17:24 [edit]

category: ブラジル・南米の話題

thread: 海外ボランティア - janre: 福祉・ボランティア

tb: 0   cm: 0

横浜でブラジル映画フェス  

今朝はブラジルの余裕の勝利に大満足。カカのエキサイト退場には驚きましたが^^;
ブラジルでは、さぞ盛り上がっていることでしょう。いいなあ。
そのブラジル映画の特集が横浜で開かれますのでご紹介。
↓↓↓
大がかりなシネコンやお洒落なブティック系映画館もたまにはいいけれど、無類の映画好きが通いたくなるのは、やっぱり昔からある名画座です。
そんな映画好きの心のオアシスの一つである映画館「横浜ジャック&ベティ」で、7月10日から16日まで、第2回「横浜ラテンフィルムフェスタ-みらい世紀ブラジル」が開催されます。
1987年にブラジルに移住後、アマゾンで暮らす人々や、日本からブラジルへ渡った移民たちの姿を追い続けている岡村淳監督が来日。岡村監督の作品特集の上映&トークが行われます。
大都会サンパウロや観光地リオでの暮らしは、当サイトでいろいろとご紹介してきましたが、岡村監督の目にしているブラジル奥地の生活はそれとはまったく違ったものです。
そんなブラジルの光と影を体感できる貴重な映画祭です。

詳細はこちら

Posted on 2010/06/21 Mon. 13:22 [edit]

category: 映画賞・映画祭

thread: 映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 3

アルゼンチン、快勝!  

昨晩のアルゼンチン対韓国、十二分に楽しませていただきました。
勝つための戦い方は、チーム事情によって様々なのでしょうが、バンバン攻めて、しつこく守って、選手が縦横無尽に走り回るような試合は、見ていて楽しいものです。
メッシ、テベス、イグアイン、パクチソンら、一流の選手が手を抜かずに必死で走りまわる姿に感激。あーっという間に90分が過ぎてしまいました。
メッシとテベスだけで、そこまで行っちゃう?!度々見せてくれた突撃シーンには、笑いが止まらず。
もっと見ていたかった~。
韓国も善戦していたので、負けて悔いなし、でしょうか。

一昨日のチリ戦も、楽しめました。
2年前、サンパウロの人気チーム・パウメイラスにいて、ブラジルリーグでMVPをとった実力者バルディビアに注目していたのですが、代表戦でも見事に目立ってました!
さっきまで敵陣で守備していたと思ったら、もうゴール下?!、って驚くぐらいちょこまかよく動くバルディビア。サッカー大好き小僧がそのまま大人になったようなバルディビアの躍動感あふれるプレーにはアッパレです。

ブラジルでは、対北朝鮮戦の不甲斐ない試合に、メディア&国民が大ブーイングだそうです。勝っても試合内容が悪いと怒られちゃって、セレソンは少々気の毒。ま、それが王者の宿命ですが。
ちなみに、ブラジルの試合がある時間は、仕事も銀行も学校も休み。バスの本数も数えるほどになってしまう、というのはホントのことだそうです。

明日のオランダ戦、日本代表も、アグレッシブに体当たり試合をみせてくださいね~。

Posted on 2010/06/18 Fri. 11:29 [edit]

category: ブラジル・南米の話題

tb: 0   cm: 0

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を  

奇才ジョニー・トーの新作を久々に劇場で鑑賞。フランスとの合作ということでまた違ったジョニーの世界が見られるのか?!
でも、当たりはずれも多いからなあ。期待と不安、半分半分で新宿へ…。

マカオで暮らす会計士一家が何者かに襲われた。フランス人の妻は奇跡的に助かるが、寝たきり状態に。フランスでレストランを営む妻の父親コステロはマカオを訪れ、一人、犯人捜しを始める。殺し屋の殺人現場に遭遇したコステロは、彼らに、娘一家の復讐を依頼。レストランの経営権を報酬に3人の殺し屋は仕事を受ける。
かつては同じ闇社会で生きていたコステロと、殺し屋3人は、いつしか熱い友情で結ばれるが…。

名作「絆 エグザイル」の続編的作品。さびれたマカオの下町と、近代化された都心部、そして香港を舞台にした殺し屋たちの銃撃戦の迫力。男たちの計算されつくした立ち位置、研ぎ澄まされた映像等々、まったく隙がない。
アンソニー・ウォンはすっかりお腹出てきちゃってるし、ラム・シューは相変わらず汚いデブだし、ラム・カートンも地味な風貌、そしてフランス人のジョニー・アリディも老けこんでるし…。
ルックスはお世辞にも美しいとは言えない殺し屋3人と元殺し屋1人が、銃をぶっ放すシーンは最高にクール!思わず劇場で、カッコイー!!と叫びたくなるほど。
ただ歩いているだけの場面でも、そこに男たちの生きざまがにじみ出ていて味がある。
ジョニー・トー作品は、当たりはずれもあるのだが、この映画は大当たりである。
ギラギラした復讐心、男同士の絆、年老いることの悲哀、負け戦に乗り込む心意気…。
懐かしの西部劇やヤクザ映画が、そのままマカオ&香港で蘇ったようである。
迫力満点のドンパチシーンと、殺し屋たちの佇む姿、スタイリッシュな映像を、スクリーンでぜひ堪能していただきたい。(新宿・武蔵野館でしかやっていないのは惜しい!)

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を VENGEANCE 復仇
ジョニー・トー監督、ジョニー・アリディ、アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュー、サイモン・ヤム出演

Posted on 2010/06/14 Mon. 15:45 [edit]

category: 映画レビュー

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

アルゼンチン辛勝  

冷や冷や試合ですが、勝ってよかった~
次の韓国戦が楽しみです!
メッシ VS パクチソン、どちらも応援してるけど…。
やっぱりアルゼンチン!!

Posted on 2010/06/13 Sun. 01:01 [edit]

category: スポーツ

thread: サッカーワールドカップ - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top