CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

祝!バルセロナ  

チャンピオンズ・リーグ決勝、FCバルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドFC戦をTV観戦。
接戦になるのかと思ったら、意外や意外、バルセロナが2対0で、余裕の勝利!!
Cロナウドを苛立たせたプジョのガッツあふれるプレーが目立っていました。
メッシのヘディングは、マラビリョーゾ!

6月の南米予選でも、気を良くしたメッシが頑張ってくれるはず。
マラドーナ率いるアルゼンチン代表に、南米4位なんて似合いません。
とっとと、トップに躍り出てくれ~!
セレソン・ブラジルももちろん、応援しますヨ^^;
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2009/05/28 Thu. 06:07 [edit]

category: スポーツ

thread: UEFAチャンピオンズリーグ - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

ブラジル映画情報、そしてチリ代表、バルディビア!  

映画祭以外では、日本の映画が一般公開されることの少ないブラジルですが、アカデミー賞外国語部門で作品賞を受賞した「おくりびと」は、今週、はやくも一般公開されています。さすがはアカデミー受賞作!扱いが違います。評判は上々?!

カンヌ映画祭は、ブラジルでも話題でしたが、突撃レポートが話題の人気TV番組「CQC」では、レポーターがカンヌに乗り込み、ブラピや、ペネロペらに、無礼な質問をして笑わしてくれました。
ふざけた質問にも足を止め、終始にこやかに答えていたのが、アン・リー監督。
そして、ガードマンに守られながらも、馬鹿な質問に真面目に返事をしていた強面のウイレム・デフォー。好感度UPです!
なかでも圧巻はアルモドバル監督。
レポーターが、スペイン語が堪能な若いイケメンだったということもあり、長々とおしゃべり。さらに、BEIJO(口と口のキス!)までしてくれちゃいました!
レポーターは、あのあと、監督に口説かれたのかも?!

日本の皆さんは、もうすぐキリンカップのチリ戦ですねー。
チリ代表のホルヘ・バルディビアは、昨年までパウメイラスに所属し、MVPまでとったすごいテクニックの持ち主です。顔もかわいいし、要チェック!!
バルディビアのプレーが見られる日本の皆さんがウラヤマシイ!

Posted on 2009/05/27 Wed. 05:43 [edit]

category: ブラジル・南米の話題

thread: ブラジル - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

カンヌ国際映画祭2009、結果発表!  

2009年のカンヌ国際映画祭、パルムドールは「The White Ribbon」(M・ハネケ監督)が受賞。
女性審査員が好みそう、というだけで予想したのですが、大当たり!となりました。


その他の受賞結果はこちら

テリー・ギリアム監督の新作「The Imaginarium of Doctor Parnassus (パルナッサス博士の想像力)」は、ギリアム作品毎度おなじみー、の製作費赤字問題を抱えていたそうですが、故ヒース・レジャーの出演が話題を呼び、結果的に資金が集まり完成につながった、ということ。
なんとも皮肉な話ですが、ヒースなしでは成り立たなかった正真正銘の遺作といえるでしょう。
ヒース、ありがとー!!

日本公開は2009年秋。公開が待ち遠しい!

Posted on 2009/05/25 Mon. 07:39 [edit]

category: 映画賞・映画祭

thread: 映画ニュース - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コッポラ監督新作はラテン映画  

カンヌでお披露目されたF・F・コッポラ監督の新作「Tetro」。
アルゼンチンで撮影したスペイン語のモノクロ映画ということでサンパウロでも話題になっています。
主演は久々のビンセント・ギャロ!(「アリゾナ・ドリーム」のギャロ、最高でした)
ブエノスアイレスへ兄を探しにやってきた男を描いたロードムービー。
共演はスペインの名女優カルメン・マウラ、「天国の口、終わりの楽園」のマリベル・ベルドゥほか。
「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」とはテイストの違う個人的な小品、と監督自ら語っているようですが、それだけに監督のこだわりがどうスクリーンに表現されているか、気になります。

Posted on 2009/05/16 Sat. 08:54 [edit]

category: 映画賞・映画祭

thread: 映画ニュース - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

横浜でキューバ映画祭  

今月末から、昔懐かしの商店街、横浜伊勢佐木町で、ラテン・フェスタなるものが開かれる模様です。
伊勢佐木町をずんずん進んで行ったはずれにある名画座、シネマ・ジャック&ベティでは、キューバ映画祭も開催されます。(5月30日から6月5日まで)
「レボルシオン」「低開発の記憶」「苺とチョコレート」等、不朽の名作から、「エル・ベニー」「カンガンバ」といった最近の作品まで、様々なキューバの姿を体感できる貴重な映画祭です。
公式サイト

BOSSA CINE CLUB キューバの旅レポートはこちら

Posted on 2009/05/07 Thu. 01:43 [edit]

category: ラテン映画

thread: 映画ニュース - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top