CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

リオ・ミレニアム  

今年のカンヌで女優賞に輝いた作品「LINHA DE PASSE」の監督コンビ、WサレスとDトーマスが1998年に撮った小品をDVDで鑑賞。
☆舞台は1999年の年末から2000年1月1日の朝。ファベーラに住む小悪党のシッコは、刑事の不正をネタに金をゆすりとり、家族の住む丘の上のファベーラへ戻ってくる。
方やファベーラ近くに建つ中流アパートに住んでいたマリアは、31日の朝、突然、恋人が姿を消し、はげしく取り乱す。
そして、30年の刑で服役中のジョアンは、爺と呼ばれる年老いた囚人の一人言に悩まされていた。
大晦日、その爺が突然倒れた。ジョアンは、爺の死の騒動の最中に脱獄。その脱獄を手引きした看守から、ある男を始末するよう命じれる。

未来が見えないファベーラの住人、服役中の囚人、そして恋人を突然失った女。
それぞれ別の場所で生きていた3人が、世紀末の夜から朝にかけて出会い、ほんの一瞬、愛を感じ、未来への希望を抱く。
お先真っ暗な脱獄囚ジョアンが、世紀をまたぐ瞬間にマリアの命を救い、リオの丘にそびえるキリスト像を横目に、
「新世紀は、人が殺されない世の中になるんだ!」
と、叫ぶシーンは圧巻。
犯罪の巣窟であるファベーラと、世界に誇る景観が隣り合わせの街リオならではの名場面である。

新世紀を迎えても、世の中が変わらないことは誰もがわかっている。それでも、変わることを信じてみたい。
現実には、ユートピアなんて存在しない。21世紀も相変わらず、地球のどこかで殺し合いが続いている…。
このシーンには、そんな社会に対する嘆きがこめられているのだろう。
決め台詞と映像の美しさは、さすがWサレス。期待どおりの質の高さである。

ただ、ストーリーは予定調和の感あり。とくにマリアのキャラがありきたりだ。
平凡で浅はかな中流女と、未来のない脱獄犯の一晩の恋。
死への距離感が違う二人を出会わせることで、ブラジル社会の階級差を表現しているのだろうが、ありがちなシチュエーション。もう、ひとひねりほしかったなあ。
期待が大きかっただけに、正直、ちょっと物足りなかったが、作品にこめられたストレートな思いは、感じることができた。

わずか数分の出演だった老囚人の鼻歌が印象に残ったので調べてみたら、彼は、ブラジルの大御所サンビスタ、ネルソン・サルジェントだそうです。
納得の存在感。本物は、わずか数分であろうが、しっかりと人を引き付けることができるのですね。まだ現役かどうか不明だが、機会があったら、ぜひ生の歌声をきいてみたい。
Wサレス監督の音楽センスは、スコセッシ監督並にオッチモです!

O PRIMEIRO DIA (邦題 リオ・ミレニアム、英題 Midnight) (1998年・ブラジル)
ウォルター・サレス、ダニエラ・トーマス監督、フェルナンダ・トーレス、ルイス・カルロス・ヴァスコンセロス、マテウス・ナシェテルゲレ、ネルソン・サルジェント出演
スポンサーサイト

Posted on 2008/06/30 Mon. 15:18 [edit]

category: ブラジル映画

thread: アカデミー賞/映画賞関連 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

スペイン優勝!  

ユーロ2008の決勝、スペイン対ドイツは、スペインの44年ぶりの優勝で幕を閉じました。
結果は1対0でしたが、もっと点数が入っていたのでは?と、思うほど、白熱した試合でした。
体格のいいドイツ相手に、あえて空中戦を避け、小技で攻めたスペイン。
フェルナンド・トーレスのゴールもすばらしかったですが、15番セルヒオ・ラモスの元気あふれる活躍はマラビリョーゾ!ホアキン・フェニックス似のカシージャスもステキでした!!

ここサンパウロにも、スペイン人がいるのでしょう。
スペインのゴールと優勝の瞬間には、爆竹が鳴っていました。

Posted on 2008/06/29 Sun. 15:02 [edit]

category: スポーツ

thread: サッカー - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

ドラマ続きのユーロ2008!  

ユーロ2008は、決勝リーグに入ってから、まさか、まさか、まさかの3連発!
連日、すっごい試合を見させていただいております。
まさか、1位通過チームが続いて負けるなんて…。
以下、TV観戦のワンポイント・コメント。

【ポルトガル対ドイツ】
一番、応援してたのに、ポルトガル、どうしちゃったのよー。
強いドイツが復活してしまい、完敗…。
C・ロナウドにはいい教訓になったでしょう。

【クロアチア対トルコ】
ポルトガルなきあとは、クロアチア!
トルコ相手だったら楽勝でしょう、と、応援していたのですが、どちらも点が入らず。
延長でも決まらない。
夜中の再放送をみていたので、眠くて眠くてウトウトしてたら、なんと、延長直前(ou ロスタイム?)に

クロアチアが技ありゴーーーール!
「よかった、これで眠れる」と、思っていたらスットコドッコイ。
勝利に浮かれている間に、

トルコがロスタイムに、ゴーーーーール!
筋書きのない、うそのようなドラマだ…。

ドーハの悲劇を思い出しました。
結局、クロアチアは、ショックから立ち直ることができず、PKでも失敗が続き敗退…。
泣きじゃくるクロアチアの選手を見て、もらい泣き…。
延長のロスタイムでもあきらめないトルコの選手たち、アッパレです。

【オランダ対ロシア】
予選リーグで、圧倒的強さを見せていたオランダですから、誰もがオランダの勝利を予想していたでしょう。
ですが、ロシアにはヒディング・マジック、という強い味方がありました。
この試合はロシアの選手たちの、のびのびプレーが目立っていました。
ロシアが1点リードの後も、ヒディングの顔は緩みません。
さすがは勝負師。強豪の母国相手に、気が入ってます。
ロシア1点リードで、終了間際、オランダ、まさかの敗退か、とおもいきや、

終了5分前にファン・ニステルローイが、執念のヘディングで、
ゴーーーーール!
困った時のファン・ニステルローイ様様です。


そしてそして、延長の後半、ついに均衡が破れます。
疲れて足が動かないオランダに対して、ロシアはまだまだ元気いっぱい。
後半で2点も入れてしまいました。やっぱりヒディング監督はタダものじゃないですね。

ということで、私の予想はことごとく外れてますが、面白い試合を見せてもらっているので、大満足です!
明日のスペイン対イタリアで、もーし、イタリアが勝ったら???!!!
どっちにしても、面白すぎ!!

Posted on 2008/06/21 Sat. 09:50 [edit]

category: スポーツ

thread: サッカー - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

ブラジルVSアルゼンチン e 日系移民100周年  

ブラジル日系移民の方々、日系移民100周年おめでどうございます!
サンパウロでは、週末の21、22日にサンバの会場アニャンビで、さまざまな催しものが行われます。

ワールドカップ予選の「ブラジルVSアルゼンチン」が、18日の夜、ベロオリゾンテで行われました。
今まで見たこともないほど弱いカナリア軍団。先日のパラグアイ戦でも完敗でしたから、アルゼンチン戦でもボロ負けか?!
と、予想していたのですが、意外に頑張ってました。

ただ、ブラジルらしい軽やかなステップを踏むようなゴールシーンは見られず。
アルゼンチンのはやいパス回しを、必死に体当たりで潰してました。
こんなに守備を頑張ってるブラジルは珍しいかも。
アドリアーノなんて、ディフェンスに転向したら?って思うぐらい、激しくタックルして、小さいアルゼンチンの選手がふっ飛んでいました。

結局、どちらのゴールネットも揺れず。
でも、激しい守備合戦、パスの潰し合いは、格闘技のようで面白かったです。

黄色に染まった会場からは、
「Adeus, Dunga(さよなら、ドゥンガ監督)」コールが。
ドゥンガのジュビロ磐田時代を知っている日本人としては、辞めてほしくないのですが、今は、首の皮一枚、というところでしょうか。

次はユーロ2008の決勝リーグ!
ポルトガルを応援していますが、オランダ、強すぎ…。
クロアチアにも頑張って欲しいわ!!

スポーツ観戦好きとしては、楽しい季節です。

Posted on 2008/06/18 Wed. 05:20 [edit]

category: スポーツ

thread: サッカー - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

ブラジル映画、6月のレビュー  

気まぐれCINEMAレビュー(LATINO)に、
F・メイレレス監督のコメディ映画「DOMESTICAS」、
ダンスホールに集う人々の悲喜こもごもを描いた「Chega de Saudade」、
伝説のブラジル映画「アントニオ・ダス・モルテス」(日本ではビデオが9000円のお宝映画!)等々のワンポイント・レビューをアップしました。

Posted on 2008/06/14 Sat. 12:47 [edit]

category: ブラジル映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top