CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ベルイマンに続きアントニオーニも…  

イングマール・ベルイマンに続き、ミケランジェロ・アントニオーニも亡くなられたそうです。
享年94歳。

たったいま、ブラジルのTVニュースで流れたので、すぐに日本語のサイトで探したのですが、見つからず。。。。

ここブラジルは、ヨーロッパからの移民が多いせいか、意外にも、文化的ニュースに対する扱いが丁寧な気がします。ローマからの中継まで出ていましたし、昨晩、ベルイマン死去のニュースも、特集組んで流していました。

アントニオーニといえば…、というほど見ていませんが、最近では、「愛の神、エロス」の動物的性描写が印象に残っています。
最後の最後まで、人間の欲望について追及してきた監督なのでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

Posted on 2007/07/31 Tue. 12:16 [edit]

category: 映画情報

tb: 0   cm: 0

セウ・ジョルジ!  

☆☆週末、郊外のショッピングセンターで開かれたpaula limaとseu jorgeのライブへ。
無料だというので、プロモーション用に2,3曲歌うだけかと思いきや。。。

☆場所はサンパウロ市の東の郊外Analia Franco ショッピングセンター。
サンパウロの中央からタクシーでどれぐらいかかるか、試しに乗ってみたら、遠い遠い…。
なかなか着かないので、真っ昼間からタクシーの運転手にどこかへ連れて行かれるのでは、なんて、余計な心配までしてしまう。
ここは悪名高いサンパウロだし…。

が、タクシーの運転手はちゃんと送ってくれ、「タトゥアペからのほうが近いよ~」と、助言までしてくれた。
20R$もかかり、ちょっと高くついてしまう。

日曜のショッピングセンターは午後から開くのでまだ、人が少ない。
若干心配になるが、中央付近までいくと、すでに客が集まっている。
まだ、開始1時間分前だというのに、立ち見客でいっぱいである。
なんとか、ステージが見えるところに移動しようとするが、前に進めない状態。
セウ・ジョルジの人気は本物でした。

立ち見客は、開演を待ちわびて、うずうずしている雰囲気。
言葉はわからないが、興奮は伝わってくる。
そして、12時半、やっとPaula Limaが登場!
ダイナマイト・ボディーを揺らしながら、踊って歌って貫禄十分である。
30分ほどソロで歌ったあと、待ってましたSeu Jorgeが登場!!
ドレッド・ヘアを顔の前にたらしているので、顔はあまり見えない。
細見のボディーに、白いシャツ、濃い紫色のベストという装い。
あたりまえだけど、映画「シティ・オブ・ゴッド」の時とは、まったく違う雰囲気。
あちこちから黄色い声が飛び、カメラのフラッシュの嵐!
会場は一気に興奮状態に。
ここってショッピングセンター??
完全にライブ・ホールと化してました。
その後私自身も興奮してしまい、真夏の野外ロック・フェスにいるかのように、汗かきながら、ライブを満喫。
ブラジル音楽のスタンダードも数曲やってくれたので、かなり楽しめました。
アンコールには、マシュケナーダ!
オパオパオパ~♪の大合唱で締めくくったのでありました。

高いお金を払わなくても、日曜の真っ昼間、ショッピングセンターで大スターの音楽を楽しめるなんて、サンパウロは、かなり太っ腹な町のようです。
客は、おしゃれな黒人の若者から、白人のおばちゃんおじちゃんまで、いろいろな人種が入り混じり、客同士がおしゃべりしたり、カメラを回して撮ってあげたりしてました。

帰りは、暴走バスに揺られながら、タトゥアペ駅へ。
激しく揺れましたが2.3R$だからよしとしましょう。

PS

友人Mにセウ・ジョルジ・ライブを自慢したら、彼女はリオのCDショップでカエナーノ・ベローゾと遭遇し、一緒に写真をとり、カエターノが買ったCDを見せてもらい、同じCDを買った、と逆自慢されてしまいました。
ブラジルは、スター遭遇率が高いかも?!

ブラジルサイトのライブレポートはこちら

Posted on 2007/07/27 Fri. 12:42 [edit]

category: 音楽

thread: 音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

ロドリゴ・サントロ新作「NAO,POR ACASO」  

☆☆ブラジルに来て、初めて映画館でブラジル映画を観賞。
日曜昼間、中心街の映画館だったので、料金は17R$(1200円弱)とかなり高め。
チケット買うのにも言葉がわからずアタフタ。英語字幕のないブラジル映画がはたして理解できるだろうか、と心配もあったのですが…。

☆道路の管制官エニオは、元妻の乗った車が交通事故にあう場面を目撃。その後、両親を一度に失った彼女の娘との交流を深めながら、傷ついた心を癒していく。
一方、ビリヤード・プレイヤーのペドロも、恋人を事故で亡くし、失意の日々を送っていた。

大切な人を交通事故で亡くした二人の男が、それぞれ違った形で、傷ついた心をいやすまでを丁寧に描いた人間ドラマ。
国は違えど、市井の人々の日常の暮らしに変わりはないし、大切な人を亡くしたら傷つくのは万国共通。だから、ポルトガル語は90%理解できなくても、彼らの気持ちは通じたし、ドラマにも感情移入できた。
日本では、ブラジルの普通のドラマをあまり見る機会がないので、すべてが新鮮。サンパウロの町の様子、人々の暮らし、コーヒーの飲み方、料理の仕方などなど、特別ではない何気ないシーンの一つ一つに見入ってしまった。
道路の管制官と、ビリヤード・プレーヤー。どちらも点と点を結びつける仕事という共通点があるので、最後に二人のドラマが交錯するのだろう、と期待して見ていたのだが、残念ながら平行線のままで終わってしまった(おそらく。セリフがわからないので、何かヒントがあったのかもしれませんが)。
でも、両者のドラマにそれぞれ味わいがあったので、ほぼ満足です。

ロドリゴ・サントロは、ヨレヨレのシャツを着た不精ヒゲ姿だったがそれでも、美しかったです。シャツを脱ぐ姿が超セクシーで、ロドリゴのファンへのサービス・カット満載です。

NAO,POR ACASO(偶然じゃない) (ブラジル・2007年)
Philippe Barcinski監督、R・サントロRodrigo Santoro、Leonardo Medeiros出演

Posted on 2007/07/22 Sun. 12:49 [edit]

category: ブラジル映画

thread: 公開予定前の映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コパアメリカ決勝!  

6時からはじまったコパ・アメリカ決勝、ブラジル対アルゼンチン。
街角の店のTVはすべてブラジル戦中継。
オジサンたちが、真剣な顔でTVに見入っています。

下馬評では、アルゼンチン優位、と言われていましたが、開始早々にブラジルが華麗なゴーーーール!
家々からは、歓声が上がります。

スター軍団アルゼンチンは、メッシもテベスもいいところなく、ブラジルのカナリア軍団に終始押されっぱなし。
メキシコ戦、ペルー戦とは同じチームとは思えない動きの悪さ。
一方、ブラジルは、ロナウジーニョもカカもいないメンバーではありますが、さすがに層が厚い。
軽やかにピッチを駆け回り、楽しそうにプレーしています。

アルゼンチンはその後、まさかのオウン・ゴールまでしでかし、後半23分には、ブラジルがダメ押しの速攻ゴーーーール!
勝負事は、フタをあけてみるまでわかりませんね~。

先に波に乗れたブラジルが3対0の圧勝。

やっぱり王者ブラジルは強かった!

Posted on 2007/07/15 Sun. 12:19 [edit]

category: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コパ・アメリカ de Sao Paulo パート2  

Oi!
ブラジルからの第2声も、映画の話題ではなく、サッカーです。

昨日、一昨日とブラジルVSウルグアイ戦、アルゼンチンVSメキシコ戦をTV観戦。
ブラジルのセレソンは、カカもロナウドもロナウジーニョもいないので、少々物足りない。
ロビーニョが孤軍奮闘してましたが、ちょっと迫力不足。
ウルグアイのレコバはツンツルテンの小坊主頭に変身してましたが、さすがにいいキックを見せていました。
結果は2対2のドロー。PK戦でブラジルが決勝進出となりました。

一方、アルゼンチンはスターをそろえて絶好調。
メッシの技ありループ・シュートは芸術的!
テベスもドリブルで攻めて、PKゲット!
こちらは、3対0の快勝でありました。

ここサンパウロは夏のような暑さから一転、急に冬になりました。
風邪ひきそう。。。

Ate Ja !

Posted on 2007/07/12 Thu. 11:51 [edit]

category: スポーツ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top