FC2ブログ

CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表!  

今回はお気に入り監督の作品が出揃ったので大満足ですが、
欲をいえば、新鮮味にかけるかなあ。
気になる作品は、ジュディ・ディンチとケイト・ブランシェットがノミネートされている「Notes on a Scandal」でしょうか。
15歳の教え子と女性教師の禁断の愛を描いた作品。原作はゾーイ・へラー「あるスキャンダルについての覚え書き」。地味そうな映画なので日本上陸は遅くなりそう…。

発表は1月15日(日本時間16日)です!


【作品賞(ドラマ部門)】
「バベル」
「ボビー」
「ディパーテッド」
「リトル・チルドレン」
「クイーン」

【作品賞(ミュージカル/コメディ部門)】
「ボラット」
「プラダを着た悪魔」
「ドリームガールズ」
「リトル・ミス・サンシャイン」
「サンキュー・スモーキング」

【監督賞】
クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」
クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」
スティーブン・フリアーズ「クイーン」
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ「バベル」
マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」

【主演男優賞(ドラマ部門)】
レオナルド・ディカプリオ「Blood Diamond」
レオナルド・ディカプリオ「ディパーテッド」
ピーター・オトゥール「Venus」
ウィル・スミス「The Pursuit of Happyness」
フォレスト・ウィテカー「The Last King of Scotland」

【主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)】
サシャ・バロン・コーエン「ボラット」
ジョニー・デップ「パイレーツ・オブ・カリビアン」
アーロン・エッカート「サンキュー・スモーキング」
キウェテル・イジョフォー「キンキ・ブーツ」
ウィル・フェレル「Stranger Than Fiction」

【主演女優賞(ドラマ部門)】
ペネロペ・クルス「ボルベール」
ジュディ・デンチ「Notes on a Scandal」
マギー・ギレンホール「Sherrybaby」
ヘレン・ミレン「クイーン」
ケイト・ウィンスレット「リトル・チルドレン」

【主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)】
アネット・ベニング「Running with Scissors」
トニ・コレット「リトル・ミス・サンシャイン」
ビヨンセ・ノウルズ「ドリームガールズ」
メリル・ストリープ「プラダを着た悪魔」
レニー・ゼルウィガー「Miss Potter」

【助演男優賞】
ベン・アフレック「Hollywoodland」
エディ・マーフィ「ドリームガールズ」
ジャック・ニコルソン「ディパーテッド」
ブラッド・ピット「バベル」
マーク・ウォルバーグ「ディパーテッド」

【助演女優賞】
アドリアナ・バラサ「バベル」
ケイト・ブランシェット「Notes on a Scandal」
エミリー・ブラント「プラダを着た悪魔」
ジェニファー・ハドソン「ドリームガールズ」
菊地凛子「バベル」

【外国語作品賞】
「Apocalypto/アポカリプト」(アメリカ)
「硫黄島からの手紙」(アメリカ)
「The Lives of Others」(ドイツ)
「Pan's Labyrinth/パンズ・ラビリンス」(メキシコ)
「ボルベール」(スペイン)

Posted on 2006/12/14 Thu. 18:57 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

「TAKESHIS’」「リリィ・シュシュのすべて」ほか  

今年の「気まぐれCINEMAレビュー」に、DVDで見た「TAKESHIS’」「リリィ・シュシュのすべて」ほかのワンポイント・レビューをアップしました。

Posted on 2006/12/06 Wed. 21:42 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ヨーロッパ映画賞発表  

12/2に決まった「ヨーロッパ映画賞」の結果を発表します。

最優秀作品:「善き人のためのソナタ」
*冷徹な旧東ドイツのスパイが、スパイする相手の劇作家と女優に接触するうちに、心を開いていくヒューマン・ドラマ。日本では年明け第2弾に公開される予定。
 ロシアの元スパイの変死事件など、まだまだ見えないところで、諜報活動が行われているのかと思うとぞっとします。ノーマークの映画でしたが、公開が楽しみです。

最優秀監督賞:ペドロ・アルモドバル監督(「ボルベール」)

最優秀女優賞:ペネロペ・クルス(「ボルベール」)

最優秀男優賞: ウルリッヒ・ミューエ(「善き人のためのソナタ」)

ノミネート作品:
【作品賞】
 「プルートで朝食を」
 「グルバビッツァ」
 「善き人のためのソナタ」
 「グアンタナモ、僕達が見た真実」
 「ボルベール」
 「麦の穂をゆらす風」

【監督賞】
ペドロ・アルモドバル 「ボルベール」
スザンネ・ビエール 「EFTER BRYLLUPPET」
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 「善き人のためのソナタ」
ケン・ローチ 「麦の穂をゆらす風」
マイケル・ウィンターボトム&マット・ホワイトクロス 「グアンタナモ、僕達が見た真実」
Emanuele Crialese 「NUOVOMONDO」

【女優賞】
ペネロペ・クルス 「ボルベール」
マルティナ・ゲデック 「善き人のためのソナタ」
ナタリー・バイ 「LE PETIT LIEUTENANT」
サラ・ポーリー 「あなたになら言える秘密のこと」
Mirjana Karanovic 「グルバビッツァ」

【男優賞】
ウルリッヒ・ミューエ 「善き人のためのソナタ」
キリアン・マーフィ 「プルートで朝食を」&「麦の穂をゆらす風」
パトリック・シェネ 「愛されるために、ここにいる」
イェスパー・クリステンセン 「DRABET」
マッツ・ミケルセン 「EFTER BRYLLUPPET」
シルヴィオ・オルランド 「IL CAIMANO」

Posted on 2006/12/03 Sun. 14:31 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top