CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

映画「カポーティ」  

作家トルーマン・カポーティの伝記映画「カポーティ」が
今週末NYで公開されるそうだ。
カポーティを演じるのは、フィリップ・シーモア・ホフマン。
芸達者な役者だし、
なんといっても風貌がそっくり!
トルーマン・カポーティの生き様は小説より面白そうだし、
かなり期待しております。
日本ではいつ公開になるのかなあ。。
スポンサーサイト

Posted on 2005/09/27 Tue. 19:05 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

東京国際映画祭  

「東京国際映画祭」の特別招待作品が発表になりました。
大画面でいち早く見たい! って思うのは、
Tギリアム監督の「ブラザーズ・グリム」と
チェンカイコー監督の「単騎、千里を走る。」 、
トミー・リー・ジョーンズ監督の「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬(原題)」
ぐらいかなあ。
「力道山」、やっと公開になるのですねー。

[特別招待作品]
『単騎、千里を走る。』
『仮面ライダー THE FIRST』
『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』
『ブラザーズ・グリム』
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』
『ALWAYS 三丁目の夕日』
『春の雪』
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬(原題)』
『同じ月を見ている』
『NOEL(ノエル)』
『ウォーク・ザ・ライン(仮)』
『輪廻』
『イン・ハー・シューズ』
『綴(つづ)り字のシーズン』
『親切なクムジャさん』
『博士の愛した数式』
『B型の彼氏』
『オリバー・ツイスト』
『最終兵器彼女』
『あらしのよるに』
<クロージング>『力道山』
<クロージングナイト>『大停電の夜に』

Posted on 2005/09/26 Mon. 18:32 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ヒスパニック・フィルム・フェス  

「ヒスパニック・ビート・フィルム・フェスティバル」で上映されていた
「カンデアルの奇跡」という音楽映画を見てきた。
ブラジルのバイーアにある音楽コミュニティ「カンデアル」を、
キューバ出身のピアニスト、ベボ・バルデスが訪れるドキュメンタリー。
ベボ・バルデスの存在を知らなかったのだが、キューバ映画「夜になるまえに」のサントラにもしっかり名前あり。
老人ではありますが、独特のリズム感で味のある演奏してました。

そしてそして、カエターノ・ヴェローゾが海をバックに「ブラジル」を歌う場面に思わず感涙。。。
見かけはロマンス・グレーのおじさんなんだけど、あまーい歌声は健在。

ボサノバあり、サンバあり、のあっという間の120分でした。
やっぱり音楽映画は、大きな画面で見るに限ります。

Posted on 2005/09/25 Sun. 19:05 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

春夏秋冬そして春  

 キム・ギドク監督の映画「春夏秋冬そして春」は、山奥の沼の中にあるお堂で暮らす仙人のような和尚と子供の人生を、季節ごとにわけて淡々と描いた作品。

 春に子供の悪戯心が芽生え、夏には青年が肉欲におぼれ、
秋には肉欲の果てに罪をおかした青年が戻ってきてお経を彫る。
そして、冬になり、中年となった男のもとに、また赤ん坊がやってくる。

 台詞がほとんどないんだけど、自然の美しさと、季節ごとのエピソードにグイグイ引き込まれた。
中でも「秋」が一番気に入った。
猫の尻尾を筆にして床板にお経を書き続ける和尚と、そのお経を一心不乱にナイフで彫り続ける青年の姿に崇高なものを感じ、自分の抱えている煩悩が一瞬、洗われるような錯覚を覚えた。

キム監督の演技(冬の中年男役)、初めてみたが、鍛えた身体にびっくり。
キム・ギドク独特のオリジナリティを感じた。彼が評価されてる理由がわかった気がした。

余談だが、「春夏秋冬」っていう言葉の響きは、
映画や歌のタイトルにふさわしい詩的な響きがある。
四季によって風景がかわる漢字文化圏のならではの言葉なんだろうなあ。
英語にすると、「SPRING, SUMMER, FALL, WINTER... AND SPRING」。
長くてかっこわるー。 

Posted on 2005/09/13 Tue. 17:23 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ベネチア国際映画祭結果  

BOSSA CINE倶楽部にベネチア国際映画祭の結果発表をupしました。

Posted on 2005/09/12 Mon. 16:40 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top