CINEMA草紙

ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、キューバ等々、中南米カリブのラテン映画・音楽・カルチャーを紹介するニッチなブログです!

ららら科学の子  

アカデミー賞から一夜明けて、なんだか気がぬけてます。
映画の話は、ちょっとお休みして、今日は読書感想文。

矢作俊彦の名前は、以前から知っていたのだが、はずかしながら、初読破。

安保の時代に、殺人未遂を起こして中国に逃亡した主人公が、30年ぶりに日本に戻り、いろんなことを考える、というお話。

普段、気にも留めないようなことが、30年を経て戻ってきた"浦島太郎”の目線で描かれると、なんだか、近未来の出来事のように思えてきてしまうから不思議。
長い小説なので、ところどころ読み飛ばしてしまったが、「鉄腕アトム」のラストシーンを主人公が思い出すシーンは、胸にこみ上げてくるものがあった。
スポンサーサイト

Posted on 2005/02/28 Mon. 14:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

速報!アカデミー結果  

【2004年度アカデミー賞】 

続々、決まってる模様。
太字は受賞結果(以下、★は本命 ♪はBOSSAの勝手に注目作)

ふたをあけたら、「ミリオンダラーベイビー」だらけ。
アカデミー賞って名前やめて、「クリント・イーストウッド賞」、って名前にかえたらどうですかあ?



作品賞
★「アビエイター」  ほかに大作ないし、そろそろスコセッシ監督作品にくるのでは?
「ネバーランド」
「ミリオンダラー・ベイビー」 一言:マジ!?

「Ray/レイ」   黒人スターの半生映画がアカデミー賞!っていうのもいいじゃない?
「サイドウェイズ」

監督賞
マーティン・スコセッシ 「アビエイター」
クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」 一言:またかよー。
スコセッシはここまでアカデミーにバカにされていたのか。
もう、ハリウッドなんかに見切りをつけて、カンヌ・パルムドールねらいの個性的作品を撮ることに徹してほしいです

テイラー・ハックフォード 「Ray/レイ」
★アレクサンダー・ペイン 「サイドウェイズ」 監督賞と作品賞を「アビエイター」と分けるのでは?
マイク・リー 「ヴェラ・ドレイク」

主演男優賞 ACTOR IN A LEADING ROLE
★レオナルド・ディカプリオ 「アビエイター」 アカデミー賞はスター好きですから。
ジョニー・デップ 「ネバーランド」
♪ジェイミー・フォックス 「Ray/レイ」 一言:やりました!演技がすばらしかったし、この受賞は最高にうれしいです♪
クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」
ドン・チードル 「ホテル・ルワンダ」

主演女優賞 ACTRESS IN A SUPPORTING ROLE
アネット・ベニング 「ビーイング・ジュリア」
カタリナ・サンディ-ノ・モレノ そして、ひと粒のひかり」
♪イメルダ・スタウントン 「ヴェラ・ドレイク」 通好み女優、ということで
★ヒラリー・スワンク 「ミリオンダラー・ベイビー」 一言:大当たり!
ケイト・ウィンスレット 「エターナル・サンシャイン」

助演男優賞 ACTOR IN A SUPPORTING ROLE
★アラン・アルダ「アビエイター」 ベテランも入れないと…
トーマス・ヘイデン・チャーチ 「サイドウェイ」
♪ジェイミー・フォックス 「コラテラル」 ないとは思うが、主演と助演、ダブル受賞したら盛り上がりそう!
モーガン・フリーマン 「ミリオンダラー・ベイビー」一言:やっぱりねー
クライヴ・オーウェン 「クローサー」

助演女優賞 ACTRESS IN A SUPPORTING ROLE
★ケイト・ブランシェット 「アビエイター」 一言:大当たり!
ローラ・リニー(ミスティック・リバーでペンの妻役をやった女優) 「キンゼイ」
♪ヴァージニア・マドセン 「サイドウェイズ」 久々に見る名前。華々しい復活に拍手!
ソフィー・オコネドー 「ホテル・ルワンダ」
ナタリー・ポートマン 「クローサー」

Posted on 2005/02/27 Sun. 14:33 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

女優イ・ウンジュが自殺  

まだ25歳で、もったいない…。
女優なら、濡れ場にも挑戦すべきだとは思うけど、親はやっぱりつらいかもなあ。
トンプソンは、やることやったあとの自殺だから、まわりも納得だけど、
イ・ウンジュさんは気の毒でなりません。合掌。
「バンジージャンプする」、見に行こうと思います。

Posted on 2005/02/22 Tue. 13:42 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ハンター・S・トンプソン、自殺  

アメリカの作家ハンター・S・トンプソンが銃で自殺しました。
テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演の「ラスベガスをやっつけろ」で、彼のすさまじい生き様を見ることができます。
自殺を肯定するつもりはありませんが、“彼らしい”死に方といえるのではないでしょうか。

Posted on 2005/02/21 Mon. 17:10 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

日本アカデミー賞への疑問  

日本アカデミー賞で、「血と骨」は、監督、主演女優、助演男優が最優秀とったのに、
主演男優の北野武がノミネートもされていなかった理由、だれか知ってますか?
一人だけ、演技が「へたくそ」だったとはとても思えないんですが、
何か裏事情があるのでしょうか?

Posted on 2005/02/20 Sun. 14:43 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

TWITTER

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示


▲Page top